綺麗なのに、可愛いのにどういうわけか非モテな人っていますよね。見た目もいいし性格も悪くないのに彼氏ができない……。

そんな人に共通する非モテポイントをまとめてみました。

同性ウケを狙いすぎる

所謂女友達とばかりつるんでいる女子がこれです。同性感で評価される化粧、服、髪型、話し方、色々ありますがそうしたものは当然男性ウケは狙うのが難しいです。

メイクや服はその時その時で流行がありますが、一発屋的な流行に流される多くの女子は男性の目からは奇妙なものに見られています。

男性ウケする女になるには、男性の意見を聞くのが一番です。モテ要素を高めるなら、日頃から男性の目を意識した外見や言動を心がけた方がいいです。

自称サバサバ系である

これも同性ウケしがちですが、自称サバサバ系も男子からは敬遠される要素の一つです。自称サバサバ系と言うとガサツで男っぽく、それでいて裏ではネチネチウジウジしているというステレオタイプが広まりつつあります。

飾る必要が一切ないので(この手の人はそれ故に後で後悔しがちですが)自分に正直なタイプかもしれませんね。男性は、どうせ付き合うなら男っぽい人よりも女らしく可愛い人の方がいいと思っています。

遊び友達程度ならサバサバ系でもいいと思うかもしれませんが、友達と認識された後に恋愛対象に格上げされるためにはかなりの努力が必要でしょう。

男=サイフや足と思っている人

親しい男性がいないのに、男=自分の欲望を満たせる道具という価値観を持っている人はかなり危険です。恋愛経験が乏しいのに、男なら奢って当たり前、丁寧に接して当たり前等と言っている人は自らモテたくないと言っているようなものです。

男性経験の豊富な魔性の女タイプの人がこれを言うと様になりますが、それは本音を隠し通し、男性の喜ぶツボを心得ているからです。

同性同士でこうしたことを話せば、共感してくれる人も多いかもしれません。女性は基本的に同調文化ですし、グループには仲間意識が発生しているからです。

しかし男性からしたら、男性が利用される道具なんていうのはとんでもない理論でしょう。日頃からこんなことを考えているといつの間にか癖になって、隠していても男性と接した時に地が出るものですよ。

恋人の作り方って?大学生・社会人が彼氏・彼女を作る方法とは!?