line_josei

ラインが普及してきていることを利用して、男性にアプローチをして恋愛関係に発展させるという人も多くなってきています。

ラインは携帯電話番号を知っていて、ラインを利用していたら友達としてつながることが可能ですし、メールよりも気軽に送れることから片思いをしている男性にアプローチするのには向いているツールです。

では、どのようなところに気をつけてラインをしたら良いのでしょうか。

ラインをしていて楽しいなと思われるような内容で送る

ラインをしていて楽しいなと相手に思わせるような内容として気をつけることは、愚痴など暗い文章でなく、明るい内容で読んでいて楽しいものです。

相手が興味がありそうな内容やお互いの共通点についての内容であれば、相手からの返信ももらいやすいです。

ラインを盛り上げるために有効なスタンプを活用することもお勧めです。かわいいスタンプや思わず笑ってしまうようなスタンプを送ると効果的です。

恋人の作り方って?大学生や社会人がすぐに彼氏・彼女を作る方法

相手にとって負担にならないように気をつける

好きな相手とラインでつながることができたら舞い上がるような気持ちになってしまうこともありますが、相手にとってラインが負担にならないように気を付けることが大事です。

ラインは既読機能があるので、既読になっていても返事をもらえないと不安が募ってしまうことがあります。そういった時に何度もラインをして相手からの返事をもらおうとするのはNGです。

既読になっていても忙しくて返事がもらえないんだぐらいにとらえるぐらいの心の余裕が大事です。また長文で送ってしまうと、相手からしたら読むのも返信するのも大変になります。

短文すぎてもそっけない感じがしますし、理想としては4~6行ぐらいの適度な長さが良いです。ラインが重くなりすぎたら、せっかくの恋愛のチャンスを逃してしまうことがあるので、注意をしましょう。

ラインで休みの話をする

相手との距離が縮まってくるのを感じたら、さりげなく休みの日を聞き出して、一緒に遊びに行く予定を立てましょう。相手が乗り気ではないのを感じたら一旦引いて、また距離を縮めるところから始めるという駆け引きも大事です。

距離を縮めるために軽めの相談をして相手に頼ってみるということもお勧めです。ラインは相手との恋愛関係に発展するために便利なツールです。活用することで、恋愛の成就につながることが期待できます。