男性と親しくなりたいのになかなか振り向いてもらえない、そう思っている女性も多いはずです。モテたことがない人でも、以下のことを実践すると男性から好感を持って貰えるようになるでしょう。

ここでは、非モテだった人をモテる女に変えるテクを紹介します。

男性をよく見て褒める

一番手軽で実践しやすいのは、男性を褒めるということです。

つい意固地になって褒めるのが嫌という人でも、モテが待っていると考えれば十分にやる価値があります。褒めるためには、男性を日頃からよく見ておく必要があります。

話し方やその内容だとか持っている物だとか褒めるものは何でも構いません。ただ褒められ慣れている男性もいると思うので、見た目よりは内面を褒められた方が効果的でしょう。

例えば話している内容が知的でためになるだとか、身に着けているネクタイのセンスがいいとかです。また、技術的なことを褒められると男性はよりやる気が出るようです。

頼れる所はどんどん頼る

男性は一般的に、女性には可愛さを求めています。

だからバリバリなんでも1人でやってしまう人よりは、1人では出来なくて困っている女性の方が放っておけない感が出るでしょう。

そんな時には手を貸してくれるかもしれませんが、その好意には素直に甘えましょう。強がっても何もいいことはありませんし、男性がやってあげると言ってくれているのですから喜んで甘えるべきです。

そして、やってもらったら必ず褒めてお礼も言いましょう。その時、ちゃんと嬉しそうな表情や声になっていると男性もやった甲斐があると思ってくれます。

恋人の作り方って?大学生や社会人が彼氏彼女を作る方法とは!?

普段は女性らしく、一部だけ男性っぽくする

これはギャップ萌えを使ったテクです。

完全にコテコテの女性というだけでは能がありません。自分を他の女子と差別化させたいなら、いつも女性らしくしているのを前提に少し男性的な要素を取り入れてみましょう。

例えばミリタリーや機械に興味を持つとか、持ち物も可愛い物の中にちょっと無骨なものを取り入れるとかです。お嬢様系な女性が綺麗な姿勢で熱心に本を読んでいるので気になって覗いてみたら、そこには怪しい兵器の写真がズラリ……

このギャップに多くの男性は強い興味を示し、もっとこの女性について知りたいと思うでしょう。立ち居振る舞いは可愛くてほんわかしてる女の子なのに、実は男性っぽい趣味があるというのがミソです。

男性的な趣味があれば男性も親しみやすさを感じますし、それをキッカケにスムーズに仲良くなれるでしょう。