『気になるあの人と、何とかして上手くいきたい。』そう思う女性や男性、結構多いのではないでしょうか?

男性であれば何とか自分をよく見せようとしたり、女性であれば料理が得意ですとアピールしたり、気配りができる子と思ってもらうために料理を取り分けたり・・・。

皆さん必死に自分のアピールしがちですが、もっと簡単で、もっと大切なことがあるんです。

それはスバリ!相手の話を聴く事です。

相手の話を聞くこと

男女の会話

「話を聞く?そんなの簡単じゃない。もっと重要なこと教えてよ」そう思う方も多いかもしれませんね。ですがこの話を聞く、意外や意外、ちょっとしたコツが必要なんですよ。

例えば話を聞くって、どんな風にすればいいと思いますか?「ニコニコ愛想よくしながら、うんうんうんと頷いておけばいいんでしょ。」という声が聞こえてきそうです。でもそれだけでは不十分なんです。

最初はよく聞いてくれると感じても、相手も違和感を感じ始めるんですね。なんでもかんでもうんうん頷かれると、『ちゃんと自分の話きいてくれてないな・・・』と思われてしまう可能性があります。

かといって頷きが少なくても、『この人、自分には興味持ってないんだな』と思われてしまいかねないんですね。

相手の感情を見ること

じゃあ一体どうすればいいの!?と思われるそこのあなた!それは「相手が言いたい気持ちをつかんであげること」なんですね。例えば気になる相手がこう言ったとします。

「もうさ~雨が降ってきてさ~本当すーっごい濡れて大変だったんだよ~」と言った場合、相手は決して雨が降ってきたことを伝えたいわけではないんです。「濡れて凄く大変だった」という部分が伝えたいんです。

この違いわかりますか?

もしここでこちら側が「そっかそっか~雨だったんだね~」と反応してしまうと、会話は続いても『いまいちかみ合わないな・・・』と思われかねません。

でもそこで「そっかそっか~濡れて大変だったね~」と相手が言いたい気持ちをつかんだ返答ができると・・・「そうなんだよね~!!」と相手は自分の気持ちをわかってもらえたと嬉しくなるんです。

自分のことを理解してくれたと相手が感じることが大切

大切なのは、ただ話を聞くだけではないんです。いかに「自分のことを理解してくれてる」と思わせられるかどうか、なんですね。

自分を一生懸命アピールするよりも、当たり前にできる話を聞くということ。相手がこの人は自分のことを理解してくれていると思えれば、どんどん話も弾むこと間違いなしです。是非試してみてくださいね!

恋人の作り方って?大学生・社会人がすぐに彼氏や彼女を作る方法

保存

保存