恋人のマンネリ

恋愛関係になって最初はときめきを強く感じていたカップルも、時間の経過とともに落ち着いて、長くお付き合いをしているとマンネリ化してしまうことがあります。

一緒にいてもドキドキを感じられなくなった、デートをするのがめんどくさくなったなどカップルにとっては深刻な状況でもあるのですが、どうしたら良いのでしょうか。

ある程度マンネリ化するのは仕方がないと受け止める

長くお付き合いをしていると、自然とときめきが少なくなってしまうことは珍しくなく、マンネリはどのカップルも通る問題と言えます。マンネリ化した時にはマンネリ化してしまったから終わりではなく、通過点に達したと受け止めるようにしてみましょう。

マンネリ化してしまっても、相手に対して愛情や人間としての尊敬のようなものを感じていれば、恋愛関係を続けていくことは可能です。

マンネリ化をしてもそれを一緒の乗り越えていきたいという気持ちがあれば、今後もカップルとしてつながっていくことはできるのです。

距離を置いてみる

頻繁に顔を合わせると、相手と一緒にいることが自然なこと、日常になってしまい、ときめきを感じにくくなってしまいます。マンネリ化したカップルは、一度会う頻度や連絡をする頻度を減らしてみましょう。

そうすることによって、相手と会う、連絡をすることが非日常化をして再び新鮮に感じられることができます。

女性らしさには手を抜かない

男性は彼女になった女性に対して、いつまでも女性でいてほしいと願っています。関係が長くなればすっぴんを見せたり、服装にかまわなくなったりすることが増えるでしょう。また部屋に彼を招いた時に、片付いていないところを見せたりすることもあるかと思います。

しかし男性はそういったところを自然体を見せてくれると思って喜ぶよりも、女性としての魅力がなくなったように感じて、恋愛感情が減ってしまいます。マンネリ化してきた時には、むしろもう一度外見に気をつけて、女性らしさを彼に対しても表現していきましょう。

マンネリ化は避けて通れない問題ですが、それを乗り越えることによって、カップルの絆を深めることもできます。マンネリ化を仕方がないとある程度寛容に受け止める余裕と、乗り越えるための努力が求められます。

大学生や社会人の彼氏・彼女の作り方