食事デート

意中の人と食事に行くことになった。どのようにたち振る舞ったらいいのか、何に気をつけたほうがいいのか気になりますよね。

ここでは、付き合う前の食事デートに行く時に覚えておくと便利なテクニックをいくつか紹介したいと思います。

座る席は?正面、斜め、横?

席に座るときにはできれば正面の席は避けましょう。心理学的には正面というのは敵対を意味する位置になってしまいますので、容赦なく意見を戦わせたいときなどに用いる席です。

ですがテーブルなんかで斜めに座るのも少しおかしいですよね。思い切ってカウンターの席を選ぶのも一つの手かもしれません。

正面の席になってしまったら?

相手の正面に座るのはあまりよくない。としながらも実際は多くの場合テーブル席なら正面に座ることも多いはず。

それならば正面になったときの対策をいくつか覚えておいて、それを間違いなく実行していきましょう。

自分の姿勢

まず、姿勢はできるだけ相手に自分を多く見せるようにします。具体的には腕は組まずに机の上に置いて、できれば手のひらも開いて見せるように。

男の人なら足は閉じずに少し開いた状態で。これはオープンポジションと言って、自分を広く見せることで、自分はあなたに対して警戒心を持っていませんよ。ということを示す合図になります。

逆に言えば相手が縮こまったようなポーズで座っていたら、あなたに対してあまりよくない感情を持っているのかもしれません。

間にある物を取り除く

あなたと相手との間になにか壁になっているものがあったら早めにそれを退けてしまいましょう。例えばメニューとかコップとか、フォークなどが入った箱とか、そういったものは心理的な壁となってしまいますのできちんとどかして、相手との間に障害物のないフラットな状態を作ります。

逆にあなたがどかしたはずの物を相手がいつの間にか戻していたら、それは相手があなたに対して壁を作りたいということになりますね。

いかがでしたでしょうか。このようなテクニックは他にもたくさんあって、ちょっと覚えておくだけで相手との距離を縮めるのに役に立ちます。興味を持たれた方はぜひぜひお勉強してみてください。

恋人の作り方って?大学生・社会人がすぐに彼氏・彼女を作る方法